仕組みさがし

絵を描いたり、音楽にひたったり、お散歩したり、本を読んだりしてます。
イマジネーションを与えてくれる色んな出会いをブログで紹介しています。


<< 献杯 | main | enjoy & feel >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | pookmark |
炊き出し
IMG_4404.jpg
福島県いわき市にある、平体育館に炊き出し支援に行ってきました。

被災者の方々との交流で、一ヶ月以上体育館で生活をするという事の息苦しさを改めて感じました。

お風呂は、シャワーのみで週に一度近くの温泉までの送迎バスが出るそうです。

食べるものも、炊き出しは毎日あるわけではなく、自衛隊からの配給での食事は冷たくて、おみそ汁も味気なく、勿論食べられるだけでも有難いとはおっしゃっていましたが、やはり食は細くなってしまうそうです。

毎日与えられたものを食べ仕事も無く過ごす、特にご高齢の方は覇気がなくなって行くのではないでしょうか。持って行った、ぬか漬けをとても喜んでくださいました。震災前までは、きっと御自宅で漬けていた方も多いと思います。

この避難所に集まった方々は、色々な所から避難されているので、コミュニティーの結束というものも無く、ある方は、せめてご飯を自分達で炊けるようなガス釜でもあれば、とおっしゃっていました。
各避難所に合った、救援物資または支援金を行き届かせるのは、そんなにも困難なのでしょうか?
背景の一つには、職員の方々が一日から二週間交代で全国各地から派遣される公務員の方々だという事もあるのかもしれません。つまり、職員すらはじめましてで慣れた頃交代していくので、日々を見直す余裕がないのかもしれないと感じました。

また、この避難所は原発から45Km圏内にあり、放射能濃度も低くはない場所です。それなのに、三歳の男の子もそこで避難生活を送っている現実に、胸が痛みます。

私が参加したチームは今回で二度目の炊き出し支援でしたが、続けていく事が大切だと実感してます。これからも、機会があるごとに参加しようと思います。

避難所の方々が、一日もはやく自立した生活を送れる日が来る事を祈ってます。

| HIROKA | - | 21:02 | comments(0) | - | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 21:02 | - | - | pookmark |









1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
+ カラメル
 
Lisa Larson [ ネコ ] リサ・ラーソン キーホルダー
 
+ Google AdSense
+ 参加してます。
にほんブログ村 美術ブログへ にほんブログ村 美術ブログ ペン画へ にほんブログ村 花ブログへ にほんブログ村 花ブログ 山野草・高山植物へ にほんブログ村 哲学・思想ブログへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ ブログランキング・にほんブログ村へ
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE
+ SPONSORED LINKS
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES