仕組みさがし

絵を描いたり、音楽にひたったり、お散歩したり、本を読んだりしてます。
イマジネーションを与えてくれる色んな出会いをブログで紹介しています。


<< 災害復旧ボランティア | main | 災害復旧ボランティア3 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | pookmark |
災害復旧ボランティア 2
IMG_8037.jpg
ボランティアセンターから車で約30分で、作業現場に到着したものの、地震によって津波警報が発令されていて、解除を高台で待ちました。
待っている間に色々な人の
話を聞く事ができました。
あるグループは地元の人達で、自宅は山手の為被害は少なく、休日にはボランティアに参加しているのだそうです。その中の1人の女性は実家が石巻で、全壊したものの家族は奇跡的に無事だったと、地元を沢山のボランティアの方々が一生懸命復旧してくださっている、自分にも出来る事を返そうと参加されているそうです。

年金暮らしのおじさんで、昔の同僚が東北に沢山いるから、じっとしてはいられない!と、アルバイトをしてお金を貯めてはボランティアに参加しているという人もいました。
この方は、3月の半ばにはもう石巻、気仙沼、と物資を運びに行ったそうです。
「物資を持って行くと、役場にはもう沢山の物資が届いていてなんでもあった。
ただ、街中グチャグチャの中、役場の人間はそこに助けを求めて集まる人の対応で手一杯だから、その物資を配る余裕なんてあるもんか。俺みたいに外から行った人間が配るしかなかったんだよ!そこに住む仲間がなんとか集めたバイクで持てるだけの物資を積んで、
走り出すと、思いがけない所から人がどんどん出てきて持って行った水や食料はすぐに無くなる。けっこう自宅に残ってた人がいたって事だよなぁ。又取りに戻り当ても無く走ると、何処からともなく集まる人に物資を渡す。その繰り返し。ただ、すげーなぁ
と思ったのは、あるだけ持って行く人が誰もいないんだ。いるもんだけちょっと持つと、みんな口揃えた
みたいに次の人に渡して下さいっていうんだ。俺だったら持ってるもん全部よこせっていうだろーなぁ(笑)」
と、こんな話をされていました。

なかなか津波警報解除がされないまま、お昼になり満潮時間も近い事から、リーダーが午後1時からの作業開始を決めました。
その10分後、11時50分頃警報解除。

作業を出来ないまま、お昼を食べました。ウズウズ。

時間があったので、ガイガーカウンターで放射能測定してみると…十回測定した平均が1.22マイクロシーベルトでした。地元の女性は、職場で毎日量っているけど0.5くらいなんだけどなぁ と驚いて、私達も同様に予想以上に高い数値に驚き…。

するとさっきのおじさんが指差して、
あの小山の向こう側にすぐ原発があるんだからおかしくは無いだろー。

確かに…。
32kmって近いんだ

身が引き締まる現実でした。


写真は、帰りに漁港を通った時に見た故障中の信号機。信号機に光が無い光景ってはじめて見たかも。
不気味な怖さが漂ってました。

作業の様子は又次回。
書きたい事が沢山あるのです。

| HIROKA | - | 00:39 | comments(0) | - | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 00:39 | - | - | pookmark |









1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
+ カラメル
 
Lisa Larson [ ネコ ] リサ・ラーソン キーホルダー
 
+ Google AdSense
+ 参加してます。
にほんブログ村 美術ブログへ にほんブログ村 美術ブログ ペン画へ にほんブログ村 花ブログへ にほんブログ村 花ブログ 山野草・高山植物へ にほんブログ村 哲学・思想ブログへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ ブログランキング・にほんブログ村へ
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE
+ SPONSORED LINKS
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES